ケンタッキーでバストアップ

バストアップを目指す女性は、様々な方法を用いて努力し続けています。マッサージを行ったり、専用のケア商品を使ったり、一度太って胸に脂肪を付けてからダイエットするなんて女性もいますよね。こういった様々な努力の中で、一番多いとされているのが食事を意識したバストアップ方法です。では、バストアップに効果的とされる食事には何があるのでしょうか?

バストアップに効果がある食材

バストアップに良いとされる食材は、非常に様々あります。例えば、代表的なものでいうと大豆。大豆に含まれる「大豆イソフラボン」。これは、女性ホルモンと似た作用があることで有名です。大豆は、非常に日本人には親しみやすい食材ですよね。納豆やお味噌、豆腐など、食卓に上りやすいため続けやすさがありますね。続いても有名なのは、キャベツです。テラスハウスで一躍有名になった、グラビアアイドルの筧美和子さんもその一人。生のキャベツを食べて、今の大きな胸になったんだとか!キャベツには、「ボロン」という栄養成分が含まれています。この栄養成分は、女性ホルモンの「エストロゲン」の働きを高めてくれます。結果、バストアップに効果があるんですね。

他にもバストアップに効果的とされる食材は多く、代謝を良くしてバストアップさせる根菜や女性ホルモンを活性化する「ビタミンE」が豊富なアボカドもそう。アミノ酸が豊富なチーズも同様で、低カロリーで筋肉の素となるため、バストアップに最適と言われています。

タンパク質がバストアップ効果ありな理由

さて、ここまで数多くのバストアップにおすすめといわれている食材をご案内いたしましたが、実は一番みんながこぞって食べている食材があります。それは鶏肉です。では、なぜここまで鶏肉がバストアップに効果的といわれているのでしょうか?それは、鶏肉に多く含まれている「タンパク質」。タンパク質は、私たちの身体に必要不可欠なものです。いわゆる3大栄養素の一つであり、血や筋肉を作ってくれる大切な栄養素なんですね。筋肉がなければ、バストを上向きにキープする力もなくなってしまい、垂れたバストを作り出す原因に。ですので、タンパク質をしっかり取ればバストアップにも効果が期待できるんです。

食べる部位にも注目

じゃあとにかく鶏肉を食べよう!と思ったあなたに、ちょっとした豆知識。鶏肉はタンパク質が多く含まれると言っても、食べる部位が大切なんですよ。ではどの部位が一番効果的かというと、それは「ササミ」です。タンパク質が100gあたり約24g入っていて、非常に豊富な量なんですね。また、「胸肉」も同じくらいタンパク質が含まれています。こちらは100g当たり約23gです。

ケンタッキーがバストアップにおすすめ

では逆にタンパク質が少なめなのはどこでしょう?それは実は「もも肉」なんです。もも肉といえば鶏のから揚げなど欠かせない部位ですよね。油が多くとってもジューシーでおいしいですもんね♪ですが、バストアップを効率的に目指すのであれば、やっぱりささみや胸肉。お手頃価格で販売されていることが多いですが、バサバサしているとして敬遠されがちなのも事実ですよね。せっかくであればおいしく食べてバストアップしたい…そんなあなたにおすすめなのが、実はケンタッキーフライドチキンなんですよ。

ケンタッキーは、言わずと知れた大人気のファストフード店ですよね♪ランチは勿論、誕生日などのパーティーにも必需品という方も多いとおもいます。実はケンタッキーでは、希望の部位を伝えることが出来るのはご存知でしょうか?そして尚且つ、上記でお伝えしたバストアップに効果的な部位をおいしく提供してくれるんです!

では、実際にその部位についてご説明します。まずは、「リブ」です。これはあばらの部分で、鶏の胸部分のお肉です。あばらですので、小さな骨がたくさんありますが、さっくりと揚げられており胸肉特有のパサつきはさほど気になりません。そして「キール」。これは、鶏の喉下の部分のお肉ですね。ここの部位はさっぱりとしており、ささみの感覚に近いかもしれません。量はリブよりすこし少なめですので、他の商品も食べたいなというときにおすすめですよ♪

この記事のまとめ

自分自身で工夫して調理するのもおすすめですが、胸肉やささみの独特のパサつきもケンタッキーにかかれば、サックサクの衣のおかげでさほど気にならないどころかとってもおいしく食べられます。外食もうまく利用して、おいしくバストアップを目指せます。